2020東京オリンピックボランティアの募集要項!英語は必要?

2020年の夏真っ盛り、7月24日から8月9日に、東京オリンピックが開催されます。

2020東京オリンピック・パラリンピックボランティアの募集要項は?

ボランティアに参加するための条件活動内容募集人数はどんな感じなのでしょう?

やはり、英語などの語学力は必須なのかしら??

ボランティアだけど、交通費報酬はほんとにないのかどうかも気になるところ・・

ちなみに、東京オリンピックのボランティアユニフォームは、小池都知事らによって、絶賛変更検討中^^

舛添氏に翻弄された若手デザイナーさんはかわいそうですが、ボランティアユニフォームは、ボランティアがどれくらい集まるか?の鍵をにぎる非常に重要な要素!

「あのユニフォームを着てボランティアしたい!」

と思われるような、かっこいいボランティアユニフォームを期待します♪

Sponsored Link

2020東京オリンピックボランティアの募集要項は?

2020東京オリンピックボランティア参加募集 条件

オリンピックの開催には、多くのボランティアの協力が不可欠です。

ボランティアの募集要項によっては、参加するボランティアの人数はかなり左右されるはずなので、大変気になるところです。

2020年に東京でオリンピックが開かれることが決定した時、多くの方が、

東京オリンピックには、ボランティアで参加したい!

と思ったのではないでしょうか?

特に、2020年に高校生・大学生になっているであろう年齢の子供たちは、夏休みを利用してオリンピックに関わることができる大きなチャンスですね!

一生に一度の貴重な経験になるはず!

さて、リオオリンピックが終わったばかりのこのタイミングですが、既に4年後の東京オリンピックのボランティア募集要項についての情報が公開されていますよ!

大会ボランティア

都市ボランティア

この2種類のボランティアが募集されます。

 

大会ボランティア

私たちが、「オリンピックのボランティア」と聞いて想像するボランティアが、この大会ボランティアですね。

  • 活動場所: 競技会場や選手村などの大会関係会場およびその周辺
  • 活動内容: 観客サポート、競技サポート、メディアサポートなど

ということで、オリンピックの大会運営に直接かかわることができるボランティアです。

  • 募集人数: 約8万人!
  • 募集時期: 2018年夏頃の予定
  • 運営: (公財)東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会

8万人て・・すごい人数ですね!!

どれだけ多くのことをボランティアに頼る予定なの?と、一抹の不安を覚えます・・

 

都市ボランティア

都市ボランティアというのは、国内または外国人旅行者に多言語での観光案内を行ったり、東京の魅力を紹介をしたりするボランティアです。

  • 活動場所: 主要な空港・駅、観光スポット
  • 活動内容: 国内外からの観光客への観光案内や交通案内

オリンピックを観に来る人たちをサポートするボランティア、といったところでしょうか。

  • 募集人数: 1万人以上
  • 募集時期: 2018年夏頃の予定
  • 運営: 東京都オリンピック・パラリンピック準備局

空港や街で、「ボランティア」の名札を付けて観光客の方たちを誘導するんですね!

 

 

どちらも、募集開始は2018年夏頃!

ちなみに、リオでは、9月7日からのパラリンピックのボランティアに参加しないボランティアが続出したそうです。

理由は、経費節減のためにボランティアが当初予定の7万人から5万人に減らされたことで一人当たりの仕事量が増えたことや、オリンピックで疲れが溜まってしまい、パラリンピックまで体力がもたなくなったこと、などなんだそうです。

無償のボランティアに頼り切るのはリスクが高い、という例ですね。

Sponsored Link

東京五輪ボランティアの応募条件は?英語などの語学力は必要?報酬は?

2020 東京オリンピックボランティア募集 参加条件 制服

さて、この東京オリンピックのボランティアは、希望すれば誰でも参加することができるのでしょうか?

それとも、英語などの語学ができなければならない、などの応募条件があるのでしょうか?

応募条件は、まだ案の状況ですが、こんな感じです。

〈大会ボランティア 応募条件検討の方向性〉

①平成 32(2020)年 4 月 1 日時点で満 18 歳以上の方
②ボランティア研修に参加可能な方
③日本国籍を有する方及び日本に滞在する資格を有する方
④10 日以上活動できる方
⑤東京 2020 大会の成功に向けて、情熱を持って最後まで役割を全うできる方
⑥お互いを思いやる心を持ちチームとして活動したい方

〈大会ボランティアに活かすことのできる経験や資質等〉

①オリンピック・パラリンピック競技に関する基本的な知識がある方
②スポーツボランティア経験をはじめとするボランティア経験がある方
③英語やその他言語のスキルを活かしたい方

大会ボランティアに関しては、10日以上、活動できることが条件なんですね。

ですが、7月下旬のオリンピック期間って、ボランティアのターゲットである大学生が、試験期間と重なってしまうのですよね。どうなるんでしょう・・

〈都市ボランティア 応募条件検討の方向性〉

①平成 32(2020)年 4 月 1 日時点で満 18 歳以上の方
②ボランティア研修に参加可能な方
③日本国籍を有する方及び日本に居住する資格を有する方
④5 日以上(1 日 5 時間以上)活動できる方
⑤東京 2020 大会の成功に向けて、情熱を持って最後まで役割を全うできる方
⑥お互いを思いやる心を持ちチームとして活動したい方

〈都市ボランティアに活かすことのできる経験や資質等〉

①東京の観光、交通案内等に関する知識やスキル・経験を活かしたい方
②防災・防犯・救命救急等に関する知識を活かしたい方
③英語やその他言語のスキルを活かしたい方

特に英語などの外国語ができなければボランティアに応募できない!というわけではないようですが、外国語スキルがあればそれを活かすことはできる、ということですね。

 

そして、ボランティア活動には、

給料交通費は出ない!宿泊施設も自分で確保してね!

なんだそうです(涙)

まぁ、ボランティアですからね・・

報酬が出ないのは分かりますけど、限度額アリでも交通費くらいは負担してくれてもいいのになぁ、と、個人的には思いますね。

 

東京オリンピック開催費が膨れ上がり、小池百合子都知事を中心に、会場見直し問題が佳境を迎えています。

2012年の時点では7340億円と見込んでいたのに、新国立競技場のデザインやり直しや建築材料の値上がりなどで膨れ上がり、現在の時点で、2兆円超?とも言われています。

開催費が膨れ上がっていて台所事情が苦しいのは分かりますが、経費のかからない9万人以上ものボランティアを募集したところで、実際集まるものなんでしょうか?

というか、ボランティアの善意にこんなに頼りきってしまっていいのでしょうか?

東京都民、いや、日本国民が、東京オリンピックを成功させたい!という気持ちはもちろん持っているでしょうけど、

ボランティアに多くを求めすぎなのでは? リスク高すぎない?

という疑問は残ってしまいます。

さらに、オリンピックのボランティアは、開催国だけではなく、世界各国から参加するのですから、こんなところで東京オリンピックの評判を落としてほしくないなぁと思ってしまいます。

2020年東京オリンピック・パラリンピックまで、あと4年!

せめて、大会成功の鍵をにぎるボランティア参加希望者がスムーズに気持よく登録できるようにしてほしいものです!

2020東京オリンピックパラリンピック記念硬貨 発売日 購入方法 価格2020東京オリンピック記念硬貨の予約方法や発売日、価格は?
2020年の東京オリンピック・パラリンピック記念硬貨(銀貨・コイン)のデザインが決定しました! テーマは、リオから東京への引き継ぎ...
Sponsored Link

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ