コンパクトな傘立て、ideacoのcube型、買いました。

狭い玄関で邪魔にならない、雨以外の日には目立たない、そんなコンパクト傘立てが欲しい!

巷でよく見かけるcube型の傘立て。煉瓦に穴が空いただけ、のような、アレ。

あの究極のシンプルさとコンパクトさと機能性がステキ♪

と、ずっと気になっていました。

あのcube型傘立ての元祖は、大阪のイデア株式会社のideacoというブランドで、Umbrella holder CUBEの開発をきっかけにスタートしたブランドなのだそうです。

どうせなら、元祖が欲しいわ♪

という信念のもと、雨に濡れた傘の一時置き場、として、Umbrella holder mini cube を購入しました。

コンパクトな傘立て。日本が誇るブランド、ideaco

ideaco cube型傘立て

ideacoの理念は、「ありそうでなかった有用な非常識をカタチに」。
その理念の元、独創的なオリジナル製品を次々と開発しては、数々のグッドデザイン賞を受賞してきました。

ideaco ゴミ箱

ideaco製品は、そのデザインと機能性で海外でも高い評価を受けており、アメリカのコンランショップでも販売されているほど。TUBELORというゴミ箱は、ドイツのiF product design award 2008を受賞して、今や世界の名だたるホテルの客室備品になっているのだとか。 

なんとも誇らしいですね!

 

ideacoのさまざまなデザインの傘立て

ideaco 傘立て

私が買ったのは、4本の傘が差せるタイプ、mini cube。

他にも、お花(オクラ?)の形をしたもの、スリムタイプ、折り畳み傘を入れられるもの、と、どれもシンプルで機能的な傘立てがラインナップされています。

ideaco 公式サイト

 

コンパクト傘立てideacoの素材は?

ideaco 傘立て

ideacoの傘立ての素材は、ポリストーンという、石粉や石膏に合成樹脂を混ぜて作られる造形材料で、製造時に温室効果ガスの排出が少ない環境に優しい素材なのだそうです。フィギュア製作にも使われるのだとか。

石に近い重さと質感を持ち、常温で成形できるために環境にやさしく、しかも材料の単価も抑えられるというポリストーン。

雨にも負けず、風にも負けない安定感のある傘立ての素材にはピッタリなのですね。

私は、雨で濡れた傘の一時置き場としての傘立てが欲しかったので、雨の時だけ玄関ドアの外に出しておけて、傘を通気性のよい状態で差しておける傘立てを探していました。まさにコレ。

この洗練されたシンプルさ、安定性。ずっとずっと重宝しそうな予感です。

 

Sponsored Link

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ