渡利璃穏(わたりりお)の筋肉画像!壮絶な増量で執念のリオ!

レスリング75キロ級の渡利璃穏(わたりりお)選手!

島根県出身、1991年9月19日生まれの25歳、アイシンAW所属です。

渡利璃穏(わたりりお)選手のすごい筋肉は、リオオリンピックに出場するために63キロ級から2階級アップして75キロに増量した、その成果なんです!

厳しいトレーニングをこなしながら、10キロ以上の増量でパワーをつけ、かつ、元々持っていたスピードをキープするのは、想像を絶する壮絶さだったと思います。

璃穏(りお)がリオで金!

がんばれ~!!!!!

[11/24追記]
渡利璃穏選手が、現在、悪性リンパ腫(血液のがん)の一種「ホジキンリンパ腫」で闘病中であることが分かりました。
リオ五輪前の検査で既に胸部に異常が見られていたそうで、五輪後の精密検査でリンパ腫と判明し、現在は抗がん剤の治療をうけているそうです。
とてもショックですが、渡利璃穏選手、絶対に元気になって、東京五輪にも出場して欲しいです。

Sponsored Link

レスリング75キロ級の渡利璃穏(わたりりお)、2階級増量で執念のリオ!

渡利璃穏(わたりりお)選手は、元々、63キロ級でリオオリンピック出場を目指していましたが、代表選考の時点で川井梨紗子(かわいりさこ)選手に負けてしまい、

まだ代表が決まっていなかった75キロ級での出場を目指すことに切り替え、壮絶な体重増量トレーニングの末、見事、女子レスリングの最重量級75キロ級での代表の座をつかみとったのでした!

75キロ級といえば、引退された浜口京子さんがそうでしたね。
その後の鈴木博恵選手は怪我でリハビリ中・・ということで、日本レスリング界では75キロ級がぽっかりと空いていたのですね!

 

体重増量といっても、ただ太ればいいというわけではないので、それはそれは壮絶なものだったようです。

食事は1日5食&食後のプロテイン

食べるのもトレーニング・・って、なんだか力士みたいです。

渡利璃穏(わたりりお)選手いわく、

「だんだん、おいしさを感じなくなる」

「なかなか体重が増えなくて、吐きそうになりながら食べた。大好きなご飯が嫌いになった。減量よりもきつい」

「キツかったですね。お腹に脂肪がついてくるし、段々服とか着れなくなってくるし…。最初の頃はうわァ嫌だなとか思ってたんですけど、その我慢をすればオリンピックに出られるかもしれないって思った時に、覚悟を決めてしまったら『もういいかな』って。」

もちろん、2階級もアップすると、外国勢の75キロ級の敵のパワーたるや、63キロ級の敵の比ではなく・・

身長163cmと小柄であるものの、パワーと筋力アップのために、男性コーチとの練習で力の強い海外勢に負けない体を作ってきた。

そんな壮絶なトレーニングも行いつつ、食べて食べて食べまくって体重も増やした渡利璃穏(わたりりお)選手。

あの吉田沙保里選手でさえ、2階級アップなんて自分にはできない・・とおっしゃってましたから、どれだけすごいチャレンジだったかが分かります。

努力と執念で、1年間で10キロの増量を実現し、晴れてリオオリンピックでの戦いに挑む渡利璃穏(わたりりお)選手、全力で応援します!!

レスリング渡利璃穏(わたりりお)の筋肉画像!

0818_1出典: デイリースポーツ

「階級を上げてプレッシャーもあったけど、勝てて良かった」と号泣した渡利璃穏(わたりりお)選手。

0818_2

首の太さと顔の幅が一緒♪

0818_12

Sponsored Link

渡利璃穏(わたりりお)、悪性リンパ腫で闘病中

渡利璃穏(わたりりお)、悪性リンパ腫で闘病中

11月24日、日本レスリング協会の栄和人・強化本部長は、渡利璃穏選手が、現在、悪性リンパ腫(血液のがん)の一種「ホジキンリンパ腫」で闘病中であることを明かしました。

リオ五輪が終わってからというもの、女子レスリングの選手たち、吉田沙保里選手をはじめ、登坂絵莉選手、土性沙羅選手、川井梨紗子選手は、本当によくテレビのバラエティ番組などに出演していますよね。

リオ五輪出場のレスリング女子では、ただ一人、メダルを逃したのが、渡利璃穏選手

残念ながら、初戦となる2回戦でブラジルの選手に敗退したのでした。

渡利璃穏(わたりりお)、悪性リンパ腫で闘病中

その渡利選手だけテレビに出ないのは、世知辛いなぁ・・なんて思ってしまっていたのも事実。

ですが、まさか、がんで闘病中だったとは・・

ショックです。

もちろん吉田選手たちもそれを知っていたでしょうし、仲間である渡利璃穏選手の闘病を応援し、回復を祈りつつのテレビ出演だったんだろうなぁと思うと、それもなんだか切ないですね。

リオ五輪前の検査で既に異常がみられていたそうなので、もしかしたら、リオ五輪中にも、悪性リンパ腫の症状である全身の倦怠感や微熱などの体調不良などはあったのかもしれない・・と思うと、それも本当に可哀想で。

渡利璃穏選手自身は、

「強い気持ちで、病気に負けない。増量した苦しさに比べれば。」

と話しているそうです。

きっと、誰よりも努力と苦労をしてリオ五輪の出場権を手にした渡利璃穏選手ですから、きっと病気を克服して元気に戻ってきてくれるはず!

応援してます!

 

Sponsored Link

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ