鶏むね肉など、脂肪の少ないヘルシー部位をしっとりジューシーに調理する技。。

ブライン液(塩水)に漬けておくだけ!

という、超カンタンな一手間なんです。

日本では、鶏もも肉より値段は安いのに、パサパサするという理由で敬遠されがちな鶏むね肉ですが、フランスなどでは、もも肉よりも、脂肪が少なく肉の旨味が感じられると人気があり、しかも高価なのだとか!

Sponsored Link

鶏むね肉のしっとりジューシー柔らか技!ブライン液(塩水)に漬ける方法

鶏むね肉 ブライン液(塩水)

むね肉にブライン液がしみこみやすいよう、竹串などでプスプスと穴を開けます。

ジップロックなどに、むね肉とブライン液を入れ、4時間~1晩漬けるだけ!

あとは、シンプルにチキンソテーやカツレツなどに!

塩分がタンパク質を分解し、その隙間に水分が入り込むので、結果、保水力がアップし、ぱさつかずにジューシーに仕上がるのだそうですよ!

もちろん、火を通しすぎると効果半減、パサパサになるのでご注意を♪

Sponsored Link

ブライン液(塩水)の材料・作り方

<ブライン液(塩水)の材料・作り方>

水:100cc
塩:5g
砂糖:5g

これらを混ぜるだけ!超簡単!
塩だけでなく、砂糖も加えると保水効果がアップするんだそうです。

ブライン液自体に、ハーブなどを入れて下味をつけるのもおすすめ!

鶏肉だけでなく、牛肉・豚肉などでもOK!

ヒレ肉などの脂肪が少ない部分に使うとよいですね。