ハリネズミが丸まって動かない、、冬眠?起こし方は?対策は?

昨年の冬、ハリネズミのハリコが冬眠しかけてしまいました。

抱っこしても、大好きなオヤツを目の前に置いても、丸まったまま動かないのです。

初めてのハリちゃんの初めての事態に動揺しつつも、パネルヒーター(うさ暖)を強にし、フリースを掛けて温めてなんとか起こしましたが、、あの時は本当に肝をつぶしました(涙)

ハリコとパリコとの生活で、一番の大反省な出来事です。

 

ハリネズミが丸まって動かない、、冬眠?

ハリネズミ

昨年の冬、一泊で家を空けなければならないことがあり、さて、ハリコをどうするか?と考えた末、30時間くらいだから大丈夫よね、、と、誰かに預けることなく、出かけてしまいました。

餌はいつもの2倍、2箇所に用意し、水もたっぷり。
もちろん、いつもようにパネルヒーターは寝床に設置したまま。

我が家は東京のマンション住まいなので、一軒家に比べて屋内は温かく、冬でも床暖だけで過ごせます。
ハリコも、木製のお家の中にパネルヒーターを24時間弱にして敷いておくだけで、保温電球などの保温器具は使っていませんでした。

外出先から帰ってきてハリコのケージを見ると、おやおや、お家の位置がずれている!

暴れたのかな?と思いつつ、お家を持ち上げてハリコを呼ぶも、

丸まったまま反応しません。明らかに寝ているのとは違う感じで、威嚇もしません。

ふと見ると、お家がずれたのに合わせて、ハリコもパネルヒーターの上から外れている!!
いつもお家の隅っこで寝るハリコ。お家がずれて、定位置である隅っこにパネルヒーターがなくなってしまっていたのです。

 

ハリネズミが冬眠してしまったら、、起こし方は?

ハリネズミ

大変、これは冬眠かも、、とにかく温めなければ、、と、エアコンを最強にし、パネルヒーターも強にしてハリコを載せ、上からフリースを掛け、、

針のないお腹を温めてあげたいのに、丸まってるからそれもできません。

パネルヒーターの上に不安定に載ったボールのようなハリコを見守ること30分ほどでしょうか。

ハリコがモゾモゾし始めました。
ボール状だったのが、ちょっと伸びたので、お腹を触ってみたら、お腹が冷たい・・
冷たいお腹をパネルヒーターに押し当てました。

しばらくすると歩き始めたハリコ。でも、ヨタヨタとして、水も飲みません。餌も食べません。

さらに1時間ほどでしょうか。目の前に、一番の大好物の鶏レバーのおやつを置いたら、、

がっつきました!!(涙)

その夜は心配で、何度もハリコを見に起きました。
幸い、何事もなく、いつものハリコに復活してくれました。

ハリコ、ごめんね、寒かったね。。お母さんが悪かったよ、ごめんね。

後で調べたら、冬眠してしまったハリネズミを起こす時は、ゆっくり体温を上げてあげないといけないみたいです。
決してドライヤーを当てたり、お風呂に入れたりなど、しないでくださいね。。

 

ハリネズミの冬眠対策

Sponsored Link

ハリネズミの冬眠対策は、

とにかく温度を下げないこと!20度以下にはしないこと!

寒さ対策・冬眠対策のために暖房器具を上手に使って、快適温度に保温してあげたいですね。

我が家では、うさぎ用のパネルヒーター「うさ暖」をハリコとパリコのお家に敷いていますが、寒い地域にお住まいだったり、冷えるお部屋ならば、保温電球をぶら下げたり、サーモスタッド付きのヒーターをつけたりするとよいようです。

また、ハリネズミのお家を、冬だけガラスの水槽やプラスチックケースにする、という手もあるようです。
網のケージより通気性は悪くなるけど、保温性は上がりますからね。

この場合、暖めすぎにも要注意!
30度を超えてしまうと、今度は暑すぎて「夏眠」してしまいます(涙)
電子サーモスタッドを接続して、適切に温度調節をしましょう。

ハリネズミって、本当に温度にデリケートですね!
温度管理は飼い主の責任、、快適な環境でハリちゃんを生活させてあげたいですね!

ハリコ冬眠事件があってからは、寒い日には、日に何度か、

おーーい!冬眠してないよねーー??

と、お家の中を覗きます。

なに?って顔で見る時もあれば、安眠を妨害されてシューッとくることもありますが、反応があればそれでよし^^

ハリコとパリコにしたら迷惑な話ですけどね^^;

 

Sponsored Link

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ