石丸幹二 結婚は?劇団四季ではキャッツ・美女と野獣他。CDも!

2月19日のA-studioに出演していた石丸幹二さん(50)
ドラマ「半沢直樹」で演じた悪い上司役の印象が強い方も多いかもしれませんが、お芝居の世界では知らない人はいないスター俳優さんなんです。
劇団四季時代は、「美女と野獣」「キャッツ」など多くの演目に出演し、主演級も多数!ファンからは、マルさん、マルさまと呼ばれ、17年もの間、看板俳優として君臨してきました。

そんな二枚目俳優さんなのですが、結婚はせずに独身貴族を貫いているのはなぜなんでしょうね^^

Sponsored Link

石丸幹二 プロフィール・大学がすごい!

石丸幹二

<プロフィール>
生年月日:1965年8月15日
出身:愛媛県新居浜市出身、千葉県市原市育ち
身長:175cm
血液型:A型
所属:ザ・ライブラリー
高校:千葉県立幕張西高等学校 普通科音楽コース卒業
大学:東京音楽大学音楽学部器楽科サックス専攻に入学、3年次に東京藝術大学音楽学部声楽科に編入

東京藝術大学に現役で編入してしまう時点で素晴らしいですが、大学3年の時に劇団四季のオーディションに合格し、さらには半年後に主役級の役をもらったという逸材!

石丸幹二

劇団四季時代の石丸幹二さん。信じられないほどの二枚目ですね。。

石丸さんの趣味は「放浪の旅」。目的地を決めずに、車でどこまでも行ったりするようですよ!

2013年のドラマ「半沢直樹」では、半沢直樹の上司・浅野役を好演しました。浅野は、半沢直樹を裏切り、土下座させたりした挙句、しまいには未開の地に飛ばされてしまったのですが、その悪役っぷりの反響は大きく、街で歩いている時に、「ほらざまーみろー!」と言われたりもして、その時からヒゲをはやして変装し始めたそうです^^。ドラマの役の印象は強いですね~^^;

 

石丸幹二、結婚はせず、独身貴族♪

石丸幹二

劇団四季時代は、怒られ続けたり、円形脱毛症になるほどストレスを抱えていたりなど、辛いことも多かった17年間だったようで、そんな経験から、他人には優しくしようと心がけているという石丸幹二さん。お友達の証言では、とにかく「彼は優しい」というコメントが聞かれました。

イケメンで性格も優しい石丸さんなのに、まだ結婚はされておらず、独身なんです。
結婚を考えたことも何度かあったそうですが、タイミングが違うかな。。と、ゴールインとはならなかったそうで。
今は、自分らしくいられるなら1人のままでもいいのかな、と思ってらっしゃるそうです。
分かる気もするけど、もったいない気も。。

Sponsored Link

石丸幹二、劇団四季時代 キャッツ・美女と野獣・他 CDも!

石丸幹二さんは、大学在学中に劇団四季のオーディションに受かり、すぐに「オペラ座の怪人」のラウル役に抜擢されるほどの逸材!1990年にデビューして以来、劇団四季の看板俳優として17年もの間在籍し、2007年に退団されています。

「キャッツ」を演じていた時のこと、なんと、タイツをはいた猫の姿で舞台から落ちたというエピソードあり!
舞台はスモークをたいているので、床が見えず、気付いたら落ちてしまっていて、それ以来、キャッツ出演はしなかったそうです^^; ちなみに、「キャッツ」では、スキンブルシャンクスという猫を演じていたそうです。

劇団四季を退団した理由は、自分が運転する車で交通事故を起こしてしまい、その後遺症が出てしまって舞台に立つことができなくなった、というもののようです。退団後は、家から出ることもできなかったほど苦しい時期を過ごされましたが、2009年には舞台やテレビドラマで俳優として見事に復活されました!

CDも発売中!ミュージカルナンバーを集めたアルバム「My Musical Life」がNow On Saleです!

 

Sponsored Link

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ