「あさが来た」の栄三郎役・桐山照史はジャニーズ!嫁役は柳生みゆ

NHKの朝ドラ「あさが来た」で、加野屋の三男坊にして跡取りの白岡栄三郎を演じる桐山照史くん、実はジャニーズWEST所属のアイドルなんです。

進次郎(玉木宏)や五代様(ディーン・フジオカ)、雁助さん(山内圭哉)といった渋い大人の男性に囲まれ、俳優として撮影を頑張っていた様子をあさイチでお話していました!

Sponsored Link

 

「あさが来た」栄三郎の桐山照史(きりやま あきと)はジャニーズWESTのアイドル!

桐山照史出典: NHK OLINE

加野屋の三男坊・栄三郎さん、まだまだ頼りないと思っていたのに、最近ではすっかり貫禄も出て、あさのよき理解者である頭取になりましたね!
さて、この栄三郎さん演じる桐山照史くん、実はジャニーズWESTのアイドルなんです。

<プロフィール>
生年月日:1989年8月31日 26才
身長:173cm
出身:大阪府
血液型:A型

2月12日のあさイチに登場し、ジャニーズの先輩であるイノッチにいじられながらも、元気元気!大阪弁はかなり控えてましたが、典型的な大阪人のノリですね^^

雁助役の山内圭哉さんは、撮影中の桐山くんについて、

「誰とでも仲良くできるタイプ」「エネルギー溢れるムードメーカー」

と評し、「かわいかったり、ウザかったり」という存在だったことをコメントしていました^^

桐山くん、「あさが来た」撮影中は、父親の正吉(近藤正臣)が亡くなった時に涙を流すシーンに非常に苦労し、その時の周りの出演者やスタッフの方たちの暖かさに感動したことを語っていました。

涙を流すのに40分ほどかかってしまい、時間的余裕のない撮影スケジュールにもかかわらず、スタッフが誰も退席などせずに根気強く40分待ってくれたのだそうです。なんとかオッケーが出た後で、スタッフや共演者の皆さんに、「すみません、すみません」と謝ってまわったという桐山くん、この時の気持ちは、申し訳ないのと同時に、「悔しかった」のだそうです。俳優としてお仕事しているのに、、ということなんですね。
そして、そっとコーヒーを入れてくれた進次郎役の玉木宏さんの優しさに涙があふれたそうです。が!

「涙はここじゃないだろ!さっき出せよ!」

とオチをつけるあたりが、さすがの大阪人♪

今は、ジャニーズWESTとしてのアイドル業の他に、俳優や司会もこなしている桐山くんですが、もっと俳優もしたい、アイドルも続けたい、声優にもチャレンジしたい!と、やりたいことはてんこ盛りの様子!

今後の活躍にも期待大!ですね!

Sponsored Link

 

栄三郎の嫁役・さちは、柳生みゆ。「カーネーション」にも出演

柳生みゆ

結婚なんてまだまだ、、と言っていた栄三郎、親が決めたお嫁さん候補にも渋々挨拶に行ったところ、そこにいたさちを一目見てデレデレになっていたのは面白かったですね!

そのさちを演じているのが、柳生みゆさん(25)。
なんと、子役から数々の映画・テレビドラマに出演している、実はベテランさんだったんです!

柳生みゆ

<プロフィール>
本名:柳生 美結
生年月日:1990年10月20日
血液型:O型
身長:156cm
出身:大阪府
所属事務所:ヒラタオフィス
目標の女優:宮﨑あおい

朝ドラ「カーネーション」では、ヒロイン・糸子(尾野真千子)の妹・小原静子(おはらしずこ)役が好評でした。

柳生みゆ出典: ファミリー劇場

こうやってみると、時代劇、意外と似合いますね。

 

Sponsored Link

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ