インフルエンザの受験生諸君!一番早く効く薬はラピアクタ点滴だ!

受験まっただ中の受験生諸君!
どんなに予防接種していたって、罹るときは時は罹るのがインフルエンザである!
一日でも早く解熱して試験本番に間に合わせよう!
タミフルやリレンザよりも早く確実に効く薬、ラピアクタ点滴の存在を知っていますか?

Sponsored Link

インフルエンザに一番早く確実に効く薬はラピアクタ点滴

0208_8出典: PHARMIC

現在、インフルエンザの治療薬として処方される薬の種類は5種類。

タミフル、リレンザ、イナビル、ラピアクタ、シンメトレル。

シンメトレルは、タミフルやリレンザが主流になるひと世代前に使われていた薬だそうで、現在は実質、タミフル、リレンザ、イナビル、ラピアクタの4種類と言ってよいようです。

タミフル内服薬リレンザイナビル吸入薬、そしてラピアクタ点滴薬です。
タミフルラピアクタは、発症後48時間以内に服用しないと効きません。
タミフルリレンザは5日間服用しなければいけないのに対し、イナビルラピアクタは1回の服用で治療を完結させることができます。

お医者さんが、最も適した薬を処方してくれるはずなので、それに従って薬を服用すればよいのですが、問題は、受験期間まっただ中の受験生諸君がインフルエンザに罹ってしまった場合です!

ラピアクタは、点滴薬なので、口から薬を服用するのが困難な人でも服用出来るというのが本来の特徴ですが、注目したいのは、点滴による投与は確実に血中に移行するので、吸入薬よりも確実に服用でき、かつ早い効果が期待でき、ほとんどの方は24時間以内に解熱などの症状改善が見られ、即効性があるとされていることです。(出典: welq
お医者さんによっては、ラピアクタは使用症例数が少なすぎて、解析の対象から外されているとおっしゃいます。(出典:こんどうこどもクリニック

受験生にとっては、一日、いや半日でも早く解熱することが、本番の試験を受けられるかどうかにかかってくるのです。

お医者さんに、そんな切羽詰まった事情を話し、ラピアクタ点滴薬による治療が今の自分に有効かどうかを相談してみてはいかがでしょうか。

Sponsored Link

点滴施設のある病院で相談しよう

ラピアクタは点滴なので、病院内で点滴してもらう必要があります。
なので、あらかじめ、点滴可能な病院かどうかを確認してから行く方がよいでしょう。

薬の副作用をきちんと聞き、お医者さんに指示に従わなくてはならないのは当然ですが、受験生であること、一番早く解熱する薬を希望すること、などを相談して、悔いのない治療をして、受験本番、頑張ってくださいね!!

 

Sponsored Link

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ