ブログ「中学受験をわらう」 塾講師が生々しい現場の本音を暴露

中学受験

ブログランキングの「受験」部門で、何やら話題になっているブログがあります。

それが、個別指導塾の自称「黒い講師」による、中学受験をわらうというブログ。

ざざっと読んで、ひっくり返りましたよ。。

 

大丈夫なんでしょうか、こんなブログが公開されていて(涙)

 

Sponsored Link

「黒い講師」による塾での本音暴露ブログ「中学受験をわらう」

中学受験

この「中学受験をわらう」というブログの筆者は、

都内の個別指導塾の講師であり、自らを「黒い講師」と名乗る人物。

 

ブログは2014年12月という受験大詰め期に書き始められていますが、

1本目の記事を読むと、大きな衝撃と共に、このブログの概要が掴めます。

 

受験に対して,「つかれ」を大きく越して,「いかれ」てしまう親が多い。

このブログは,入試時期終了まで,そのような「いかれた親」の生態,および,「いかれた親」に寄生する教育産業の動きについて,記録したい。(もちろん,個人情報を秘匿しながら…。)

私自身,「いかれた親」に寄生する,教育産業の人間である。

そして,私が記録するであろう,受験の記録は,以下の二名の生徒に関係する。

生徒A 都内中堅校(偏差値55)志望。大手N塾落第。偏差値40程度。
生徒B 都内中堅上位進学校(偏差値63)志望。大手S塾,大手N塾落第。偏差値30程度。

私は,都内某個別指導塾の職員である。

 

以降、2年目の現在まで、「黒い講師」の観察対象である数名の生徒たちの状況と、

「いかれた」親の様子が事細かに投稿されています。

 

もちろん、名前も志望校名もイニシャルトークですが、

志望校に関しては、東京の中学受験生の親であれば容易に分かるレベル。

 

生徒たちの月の塾授業のスケジュールと、月30万を越える費用内訳を公開したり、

入塾経緯(個別指導塾は大手塾からの脱落組が多い)を事細かに書き上げ、

塾の営業面にとっての「おいしさレベル」を星の数で表したり、

12月冬期講習から2月まで、この子も150万円コースいきま~す。

のような発言も。。

 

6年前、中学受験ママだった私。。

もちろん個別指導塾も利用してましたさ。。

あぁ眩暈が。。

 

塾現場での生々しすぎる生徒と「いかれた」親の生態

国立小学校 合格発表

ブログ「中学受験をわらう」での暴露話は、本当に生々しいものです。

「黒い講師」の職場である個別指導塾の生徒(親)は、

サピックスや日能研といった大手塾では成績が伸びず、または脱落して、

藁をもすがる思いで入塾してくるケースが多いのです。

 

個別指導ですから、授業料は非常に高額で、

フルサポートを希望すると月に30万円なんて余裕でかかってしまうようなところ。

 

どんなにお金がかかっても子供を志望校に合格させたい「いかれかけた」親が、

壊れかけた子供を預けることが多いのも事実でしょう。

 

「黒い講師」は、そんな塾内での「いかれた」親と子を観察し、

営業成績が大事な塾講師としての本音を投稿しています。

 

例えば、

模試の成績が悪かったからと父親に殴られ、頬を腫らし、毎日フラフラで机に向かう生徒Bには、

体だけは壊すな生徒B。
欠席されると,授業の振り替えが大変だ!

という本音を暴露。

 

偏差値10~15以上も離れた学校をねらう、他塾から流れ着いた見捨てられっ子生徒Pには、

1月10日の不合格で、保護者は危機感を感じ、財布のひもが切れてしまう可能性が高い。
1月後半で、じゃんじゃん売りをあげられますよ…♪( ´▽`)
♪( ´▽`)営業的には、一月が楽しみ♪( ´▽`)

という本音を暴露。

 

ストレスのはけ口を生徒Pに向けるイジメちゃんが、生徒Pの不合格に喜ぶ様を観察し、

人の不合格でストレス解消。やる気コントロール♪( ´▽`)
生徒Pの不合格。
一番喜んだのは、イジメちゃん。
イジメちゃんが初めて見る、生の不合格者。
不合格者の観察。楽しくて仕方がない。

という生徒の闇を観察し、即投稿。

 

その他、難関ママになれなかった母親のイカれ発言や、

主力の生徒と切り捨てられる生徒の待遇の違い

不合格になっても攻められなさそうな聖母系ママを後回しにして

クレームがやっかいな悪魔系ママの要求を手厚くフォローする話など、

 

なんとも生々しすぎる小ネタの多いこと多いこと。。

 

Sponsored Link

 

「黒い講師」がこのブログを立ち上げた目的は?

塾だって商売塾の先生だって人間

そんなことは分かってます。

それにしても、「黒い講師」は、何のためにこんな暴露ブログを立ち上げたのでしょう?

 

ある意味、自分の身に危険が及ぶと思うんです。

これだけ事細かに塾のこと、問題のある生徒のこと、「いかれた」親のことを書いていれば、

「黒い講師」が誰なのか?

同業者の誰かが特定しようと思えば容易なはず。

同じ現場で仕事をする講師であれば、すぐにピンとくることでしょう。

 

このブログは、当初は

「頭がいかれた中学受験~本当に受かるのか~」

というタイトルだったようです。

「黒い講師」自身、不謹慎ブログと認めています。

 

案の定クレームが多く中断されていた時期もあったようですが、

今も「小6受験生の親は閲覧注意」などど書き添える心遣いはしつつ、絶賛更新中です。。

昨日1/21なんて、一日15回の更新ですよ。。

 

「黒い講師」による、ある意味個人情報垂れ流しの暴露ブログがいいとは思えませんが、、

なんというか、、

口に出しては言えない「中学受験の闇の部分」が、これでもか!と書かれていて、

その内容に関しては、実にうなづくことが多いのです。

 

おそらく、子供の中学受験でいかれそうになった経験を持つ親なら、

誰しもうなづけるんじゃないかと、確信します。

それだけ、中学受験というのは、親も子供も精神的に正常な状態を保てなくなるものです。

本気で取り組んだ親なら、実感として理解できるはず。

 

6年前、子供の中学受験でイカれかけていた私は、

今でも中学受験を美化できないのですが、

今だからなのでしょうが、

この「中学受験をわらう」ブログの内容は、「わらいながら」読むことができます。

 

そして、もしもまだ小学生の子供がいたら、

本人がどうしてもと望まない限り、中学受験はしないだろうなと思います。

 

中学受験の是非は置いといて、私のように、

ちょっと離れたところから中学受験を回想している親も多いんじゃないでしょうか。

その証拠に、かなりのアクセスを集めている、この「中学受験をわらう」というブログ。

 

その向こうに、わらう、笑う、嗤う、嘲笑う、、

それぞれのわらい方をしている親の姿が想像できます。。

 

過熱しすぎる中学受験、

子供を壊してしまう中学受験、

家庭崩壊につながる中学受験。。

 

そんないかれた不健全な中学受験に警笛を鳴らすブログなのかな、

と、個人的には思います。

ただただ有名ブロガーになりたくて、

アクセスアップを狙ったフィクションっていう可能性もゼロじゃないけど^^;

 

中学受験ママ友トラブル「中学受験体験記」ママ友との付き合い・トラブルに要注意!①
親の全面的なバックアップを必要とするのは小学校受験だけではなく、中学受験でも同じこと。   子供が自分の意志を持っていたり、反抗...
中学受験ママ友トラブル「中学受験体験記」ママ友との付き合い・トラブルに要注意!②
中学受験が原因で、往々にして、ママ友とのお付き合いに微妙な変化が起こってしまう事実。       の続きです!          受験...

 

Sponsored Link