東京五輪の陸上男子4×100mリレー(4継)のメンバー候補と予想!

2016年のリオデジャネイロ五輪で銀メダル、2017年の世界選手権で銅メダル、と、

東京五輪に向けて有望種目の1つとなっている陸上競技の男子4×100mリレー(4継)

 

お家芸となっているバトンパスの正確さに加えて、

近年個人の走力も上がったことが、その躍進を支えています。

 

そして個人の走力が上がったことで、メンバー争いも熾烈を極めています。

注目の4継のメンバーの現時点での候補について紹介、そして、予想もしてみます!

 

Sponsored Link

 

2016年リオ五輪と2017年世界選手権のメンバー

東京五輪男子リレーのメンバーを考える上で重要なのは、メダルを獲得した2016年のリオ五輪2017年の世界選手権のメンバーです。

改めて確認しておきましょう。

 

2016年リオデジャネイロ五輪

リオデジャネイロ五輪で銀メダルを獲得。

右から順に、山縣選手、飯塚選手、桐生選手、ケンブリッジ選手

(出典:https://www.jiji.com/jc/d4?p=rim016&d=d4_rio

1走:山縣亮太選手  
2走:飯塚翔太選手  
3走:桐生祥秀選手  
4走:ケンブリッジ飛鳥選手

予選:37秒68   決勝:37秒60(日本新)

 

2017年世界選手権

右から順に藤光選手、飯塚選手、ケンブリッジ選手、サニブラウン選手、桐生選手、多田選手

(出典:https://www.jaaf.or.jp/gallery/article/10831/?player=6

1走:多田修平選手  
2走:飯塚翔太選手  
3走:桐生祥秀選手  
4走:藤光謙司選手
(予選はケンブリッジ飛鳥選手)

予選:38秒21   決勝:38秒04

 

東京五輪男子リレーメンバーの候補者と自己ベスト

2018年6月現在での、東京五輪男子リレーメンバーの候補者(私見です)と、彼らの自己ベストをまとめてみます。

 

桐生祥秀選手

100m:9秒98   200m:20秒41

参考: 桐生祥秀選手が陸上部のない日本生命に所属するメリットは?

 

山縣亮太選手

100m:10秒00  200m:20秒41

参考: 山縣亮太選手が100mを9秒台で走ると言いきれる理由

 

サニブラウン・アブデル・ハキーム選手

100m:10秒05  200m:20秒32

参考: サニブラウン選手がアメリカの超名門フロリダ大学に進学した4つの理由

 

多田修平選手

100m:10秒07  

参考: 超イケメン多田修平選手が只(ただ)者ではない4つの理由

 

ケンブリッジ飛鳥選手

100m:10秒08  200m:20秒62

参考: イケメン・ケンブリッジ飛鳥、8つの「実は○○だった!」

 

飯塚翔太選手

100m:10秒08  200m:20秒11

参考: 飯塚翔太選手の強さの秘密は?兄弟での東京五輪出場の可能性も!

 

藤光謙司選手

100m:10秒23  200m:20秒13

参考: 藤光謙司選手、31歳で自己ベスト更新!年齢の壁を越えて進化する理由とは?

 

宮本大輔選手

100m:10秒23  

参考: ダイヤモンドアスリート宮本大輔選手は「ダイヤモンド」のように輝き続ける

 

塚本ジャスティン惇平選手

100m:10秒56

参考: 塚本ジャスティン惇平選手、サニブラウン先輩を目標に東京五輪へ!

 

Sponsored Link

 

おかず的東京五輪4継メンバー予想(現時点での)

1走 山縣選手

→不動の1走です!リオで見せたロケットスタートを東京でも再び見たいですね!

 

2走 飯塚選手

→2走としての経験は豊富です。リレーでの走りは安定感抜群です!

 

3走 桐生選手

→抜群のコーナーワークに加えて、9秒台の走力を持っています。

 

4走 サニブラウン選手

中盤からの加速力は素晴らしいものを持っています。大舞台ほど強い印象があります。

 

このオーダーでぜひ金メダルを狙ってもらいたいですね!!

タイムも37秒前半は狙えるでしょう!!

 

まとめ

現時点での東京五輪男子リレーメンバーを展望しました。

あくまで現時点での予想なので、2年後には変わってくる可能性も十分あります。

また、実際に走る選手だけでなく、チームとしてのまとまりを考えると、経験豊富なベテランが入ってくる可能性も十分考えられます。

誰が選ばれても、おそらくは史上最強の日本リレーチームとなることは間違いありません。

金メダルを現実的な目標としてやっていけるでしょう!

 

リレーメンバーの現状を分析する上で重要な日本選手権が6月22日から24日にかけて行われます。

ぜひ、東京を目指すスプリンターたちの熱い戦いに注目しましょう!!

 

(written by おかず)

Sponsored Link