山縣亮太選手が100mを9秒台で走ると言いきれる理由

山縣亮太選手は、

2016年のリオデジャネイロ五輪の100mでオリンピックでの日本人最高記録となる10秒05を記録し、

4×100mRでは1走として抜群のスタートを見せ、銀メダル獲得に貢献しました。

 

その一方で、度重なる故障に見舞われ、昨年6月の日本選手権男子100mで6位となり、世界選手権代表を逃したこともありました。

 

そんな山縣選手ですが、桐生選手の次に100m9秒台をマークする可能性はかなり高いです。

なぜ、そのように言いきれるのか紹介します。

 

参考: 桐生祥秀選手が陸上部のない日本生命に所属するメリットは?

 

Sponsored Link

 

山縣亮太選手のプロフィール

(出典:https://twitter.com/V7Jqq

名前:山縣亮太(やまがたりょうた)

生年月日:1992年6月10日

出身地:広島県広島市

陸上歴:修道中→修道高校→慶応義塾大学→セイコーホールディングス

戦歴(主な世界大会のみ)

 2009年 世界ユース選手権(ブレッサノーネ) 100m 4位

                        1000mR 3位

 2012年 ロンドン五輪  100m 準決勝敗退

              4×100mR 4位

 2013年 世界選手権(モスクワ) 100m 予選敗退

 2016年 リオデジャネイロ五輪 100m 準決勝敗退

                 4×100mR 2位(銀メダル)

リオデジャネイロ五輪で銀メダルを獲得
(出典:https://www.jiji.com/jc/d4?p=rim016&d=d4_rio

 

自己ベスト 100m:10秒00(2017年) 200m:20秒41(2013年)

 

山縣選手が100mを9秒台で走ると言いきれる理由

山縣選手が100mを9秒台で走ると言い切れる理由を4つあげてみました。

 

昨年、10秒00を記録

2017年9月24日に行われた全日本実業団選手権の100mで、10秒00をマークしました。

この時の風は追い風0.2m

この約2週間前に桐生選手が9秒98をマークしているわけですが、その時の風は追い風1.8mでした。

もし、追い風1.8mの中で山縣選手が走っていたら、9秒台を出した可能性は十分あると言えます。

 

過去に10秒0台以内で走った回数が多い

山縣選手は過去に10秒0台以内で走った回数が桐生選手の11回に次ぐ、9回となっています。

つまり、安定して好記録を出していると言えます。

決して一発屋ではありません!

詳しくはこちらをじっくり読んでみて下さい!→ https://www.jaaf.or.jp/news/article/11368/?player=4

 

研究熱心、そして「独立自尊」

山縣選手は練習を録画し、自宅で確認するくらい、「陸上オタク」研究熱心だそうです。

練習メニューも基本的に自分で考え、実行しているそうです。

そして、陸上だけでなく、他のことも貪欲に学ぶのが山縣選手の特徴です。

料理もユーチューブを見て、学び、魚をさばくこともできるそうです。

ツイッターにもよく自分で作った料理をアップしています(出典:https://twitter.com/V7Jqq

 

そんな様々なことに研究熱心な山縣選手を象徴する言葉が「独立自尊」です。

「独立自尊」は山縣選手が卒業した慶応義塾大学の理念でもあり、

その意味は「自分の信じる道を自己責任で行うことが尊ばれる」ということです。

 

9秒台への道を自ら考えて、歩んでいる山縣選手。

きっと近い将来9秒台を出すでしょう。

 

セイコー所属だから

セイコー所属だから、成功するはずです(笑)

 

Sponsored Link

 

東京五輪出場の可能性は?

山縣選手は、先日行われたセイコーゴールデングランプリ大阪でも、ガトリン選手に次いで、10秒13をマークし、2位に入りました。

昨年9秒台を出した桐生選手にも先着しました。

10秒00を出した後で、故障がありましたが、徐々に調子を上げているようです。

今シーズン、かなり期待できそうです。

 

山縣選手はこのままの調子で行けば、きっと東京五輪でも大活躍するでしょう。

100mでは決勝進出及びメダル獲得を期待したいですね。

また、リレーではリオ五輪のように1走での活躍が期待されます。

得意のスタートダッシュでぜひ日本を金メダルに導いてもらいたいですね!

 

参考: 東京五輪の陸上男子4×100mリレー(4継)のメンバー候補と予想!

 

まとめ

山縣選手が100mを9秒台で走ると言いきれる理由、そして東京五輪出場の可能性について紹介しました。

東京五輪に向けてぜひ調子を上げていってほしいですね。

まずは6月に行われる日本選手権での活躍に期待しましょう!!

 

(written by おかず)

Sponsored Link