東京五輪マスコットの作者・谷口亮氏の家族や過去の作品・仕事は?

東京オリンピック2020のマスコットキャラクターがとうとう決まりましたね!!

気になる作者は、福岡在住のキャラクターデザイナー、イラストレーターである谷口亮氏!

 

坊主頭に夏は下駄、冬はドテラ、という非常にユニークな風貌で、福岡の道端で地道にキャラクターグッズを売っていたという過去の下積み時代もあったようですが、奥さんとお子さん2人と暮らすパパさんなんですね^^

 

収入が安定せず、苦労をさせた大好きな奥さんに

 

「回らないお寿司を食べさせたい」

 

だなんて、一気に好感度大!!

 

ほのぼの~しちゃいます^^

 

そんな谷口亮氏の、過去の作品やお仕事はどんなものなのでしょう?

Sponsored Link

東京五輪マスコットの作者・谷口亮氏ってどんな人?家族は?

東京五輪マスコットの作者・谷口亮氏の過去の作品・仕事は?出典:朝日新聞

東京五輪マスコットの作者である、キャラクターデザイナー・イラストレーターの谷口亮氏。

福岡生まれ、福岡在住、1974年生まれの43才!

にんにくが好きらしい(笑)

 

ドテラ、かわいい(笑)

 

実は、父親もイラストレーターで、ご自身も高校卒業後にカリフォルニア州にあるカブリオカレッジに留学して、アート専攻で卒業したという経歴の持ち主。

 

うん、普通じゃない!(笑)

 

と考えると、あのユニークな風貌にも納得しますし、

 

016年リオデジャネイロ五輪の閉会式で東京のセレモニーを見て浮かんだ

 

と、数分でラフスケッチを描いたという天才アーティスト的な部分にも納得♪

 

今回のマスコットキャラクターは小学生による投票によって決定しましたが、大人にとったアンケートでも同じ結果だったというから、他の2案に圧勝♪だったのですね^^

 

そてにしても、東京五輪マスコットキャラクターなのに、賞金って、たったの100万円なんですねっ(涙)

しかも、ロイヤリティなし!?

 

谷口亮氏ご本人は、

「お金に替えられない名誉を手にした」

と謙虚でいらっしゃいますが、それはまぁそうに違いないですけど・・

 

もうちょっとなんとか~って思ってしまいますね^^;

 

谷口亮氏のTwitterには、お子さんとのエピソードや、地域に溶け込んでパパさんしている様子も♪

娘さんと息子さんがいらっしゃいます^^

 

マルコメ頭がおそろい~(笑)

 

Sponsored Link

 

谷口亮氏の過去の作品・仕事は?

谷口亮氏は、アメリカから帰国後、フリーでオリジナルキャラクターの制作をしていました。

現在もフリーランスでお仕事されているようですね^^

 

さて、谷口亮氏、これまで、どんな作品を制作していたのでしょうか?

 

天神の路上でキャラクターグッズを売っていた時代もあったようですけど、ベネッセの英語教材のお仕事や、博多署の防犯ポスター「いかのおすし」のキャラクターといった、メジャーな作品も手がけていらっしゃいます!

 

しかも、東京五輪マスコットの採用が決まってからというもの、モンストのお仕事も決定したとか^^

一気にブレイク♪ ですね^^

 

ベネッセの英語教材「チャレンジタッチ」のキャラクター「ニャッチ」

 

博多署の防犯ポスター「いかのおすし」キャラクター

東京五輪マスコットの作者・谷口亮氏の過去の作品・仕事は?出典:博多防犯協会

多分、コレかな??

 

日本猫ヌヌコ

ヌヌコグッズがいっぱい~

 

「フテネコ」LINEスタンプも♪

フテネコのふてくされスタンプ(笑)

http://www.stampers.me/stamp/1710

 

その他、谷口亮氏のキャラクター

 

谷口亮さんの今後の活躍にも期待します!!

おめでとうございます~^^

 

Sponsored Link