本日2月24日(金)の朝、夫が、「あ、今日はプレミアムフライデーか・・」とニュースを見てつぶやいてました。

どうやら15時に退社できるらしい・・

とりあえず、今日は初めてのプレミアムフライデーなので、本当に午後の3時に帰れるのか、様子見なのかもしれませんね^^;

一体、プレミアムフライデーの実施企業、つまり、午後の3時に帰れる人たちってどれくらいなのでしょう?

 

「フライデー」にかけて、フライが安い!?

プレミアムフライデーの本日、「串家物語」食べ放題20%OFF、 「串カツ田中」串全品100円など!!しかも、15時開店とか^^ 恩恵を受けようとする企業も必死です!

Sponsored Link

プレミアムフライデーとは?不満の声。

プレミアムフライデー」とは、政府と経済産業省が旗振り役をしている、

毎月の最終金曜日は午後3時に退社し、旅行や食事などの個人消費をして、経済活性化に協力してね!

という施策です。

プレミアムフライデーナビゲーターに「関ジャニ∞」を起用したり、気合いはいってますね!

官民でつくる協議会も設置されていて、2017年2月24日に導入開始!

 

だがしかし、ネットでは、「全ての職業の人が早く帰れるわけではない」という不満の声があがっています。

「早く帰れない職種は無視かよ・・」

「プレミアムフライデーってサービス業界に喧嘩売ってると思う」

「サービスを提供する側にはなんのメリットもないし」

などなど。

「早く帰れる」という意味では、サービス業や旅行などのレジャー産業で働く人たちや、医療関係者などにとっては、全く縁のない話ですし。

プレミアムフライデーは、旅行業界や外食産業、小売店などが恩恵を受けるための施策なのに、15時に退社して楽しんでいる人たちを横目にいつもよりも忙しく働かなければならないサービス業の現場の人たちにとっては、実は嬉しくもなんともない施策なのかもしれません。

しかし!

プレミアムフライデーの目的は、「皆の労働時間を少なくして皆で休みましょう」というものではなく、あくまでも、「経済活性化や消費拡大」であり、消費を促すための政策なのです。

 

ここの論点がずれてしまっているのが、今の日本の闇だなぁ・・と私は感じてしまいます。

 

皆、疲れてるんだよなぁ。

皆、休みたいんだよなぁ。

 

サービス業の経営者側は、プレミアムフライデーで受けた恩恵を、現場で働く人達に何らかの形で還元していただかないといけませんね。

 

個人的には、最初はたとえ数%の人でも、明るいうちに仕事を切り上げて、自分のために時間とお金を使うことの楽しさを知ってもらうことで、「働き方」について考えるきっかけになったり、よい方向に価値観が変化したりすれば、プレミアムフライデーにおける経済効果以外の意味があるのかな、と思います。

ちなみに、安倍晋三首相は、座禅をして無になったらしい^^
こういうのもいいのではないでしょうか^^

 

プレミアムフライデーの実施企業はどれくらい?

2月24日に導入が開始された「プレミアムフライデー」。

プレミアムフライデーを「奨励・実施することが決まっている」職場は、

わずか2.5%!?

全労働者数の6.5%とも伝えられています。

少なっ!!

やっぱ、ごく一部の人しかプレミアムじゃないんですね^^;

プレミアムフライデーを奨励する経団連に近い大企業のホワイトカラーたちはその波に乗れるけど、まずは様子見・・という企業も多いということなのでしょう。

 

しかも、プレミアムフライデーが実施された場合の過ごし方については、「自宅で過ごす」(49.9%)が最も多いという調査結果にも愕然・・

消費拡大につながらないんじゃぁ意味ないし。

 

現実的には、月末の金曜という最も仕事が忙しい時に15時退社なんて・・という声も当然多く、仕事が減るわけではないので、前後の木曜や月曜にしわ寄せがいったり、その分の仕事が流れる下請けがますます忙しくなる、という現場からの不満の声も、そりゃ上がるに決まってますね^^;

 

プレミアムフライデー、今後、この日本で、定着するのでしょうか!?

定着したら、就職先を選ぶ時にも、プレミアムフライデー実施企業かどうかが判断基準になったりもするんでしょうかねぇ?^^;

今後の動向に注目♪

Sponsored Link

プレミアムフライデーはフライが安い!?(笑)

プレミアムフライデーはフライが安いらしい(笑)

しかも、3時開店(笑)

こういうのはおもしろいから、プレミアム関係ないけど、ついつい行ってみたくなります♪

まだ全然お腹すいていない時間帯ですけどね(笑)